≪キリスト兄弟団大宮教会のホームページへようこそ!!≫

 主にあって心から歓迎いたします。
 私たちの教会は、私たちを創られ、そして全世界を支配しておられるまことの神さまをたたえ、喜ぶことを第一としています。ぜひ教会にお越し下さり、ともに神さまに向かって賛美と祈りを捧げ、また神さまから私たちへの愛のメッセージである聖書のことばに、ともに耳を傾けましょう。
 礼拝を通してあなたの心に神さまの恵みが豊かに注がれ、神さまが与えてくださる慰めと平安を受け取ることができるでしょう。

≪今週のメッセージ≫

■メッセージ
 説教題:「恐れの記憶がいつくしみの思い出に」
 聖書箇所:詩篇145篇1~9節

「人々はあなたの豊かないつくしみの思い出を/あふれるばかりに語り/あなたの義を高らかに歌います」(詩篇145:7)
 本日、私たちの教会は工藤美穂姉、柳瀬佐和子姉をお迎えして創立70周年チャペルコンサートを開催いたします。また、70年にわたる教会の歴史をまとめた記念誌も併せて配布をいたします。
 記念誌には神さまのいつくしみの思い出がぎっしり載せられております。小学生の方から80代の方にいたるまで、ほんとうに豊かな思い出が記されております。冒頭に掲げたみことばの7節は、この記念誌をあらわすみことばとして選ばせていただいたものです。

 詩篇145篇をうたった作者には、一つの特徴がありました。それは、彼には確固たる目的と願いがあったということです。それは、自分だけではなくすべての人が神様を賛美するようになること。すべての世代にわたる人々が神様を賛美するようになること。その願いと目的をもって、彼は神さまのいつくしみの思い出を、あるいはこれまでの歴史に見られる神さまの偉大なみわざを語っていたのです。

 私自身教えられました。記念誌を編集してそれで満足してはいけないと。記念誌を教会で作成した理由、私たちが神さまの恵みの歴史を振り返り語る理由、それは詩篇の作者と同じで、すべての人々が神さまを賛美するようになるという宣教のため!
 そのことを考えますと、創立70周年を記念してチャペルコンサートを開催することはほんとうにふさわしいことです。自分たちだけでお祝いし、感謝するのではないのです。そのお祝いと感謝に、人々を招いてゆくのです。今朝、その思いをこめて礼拝をささげ、チャペルコンサートに参加いたしましょう。



≪集会のご案内≫

☆キッズクラブ 毎週日曜日 9:30-10:15
☆主日礼拝 毎週日曜日 10:30-11:30
☆恵みの分ち合い 毎週日曜日 11:30-11:45
☆祈り会 毎週水曜日 10:30-11:30

Designed by CSS.Design Sample